代々木 JR・都営乗り換え

代々木駅にはJR中央線・総武線・山手線と都営地下鉄大江戸線が乗り入れていて、JRと都営地下鉄それぞれの駅があります。代々木駅での、JRと都営地下鉄の乗り換えについて説明します。

乗り換え案内

JRから都営大江戸線に乗り換えるには、JR代々木駅の北口か西口を利用します。北口は屋外に出ずに乗り換えられます。

北口

JRの北口改札を出て、建物出口手前左側に都営地下鉄代々木駅A3出入口へのエスカレーターがあります。都営大江戸線からは、新宿寄りのA3出入口から出て、建物出口手前右側にJRの改札があります。建物から出ないため、屋根のあるところで乗り換えられます。

西口

JRの西口改札を通り、一度建物の外に出て、すぐ右側、JR代々木駅の建物の端のほうに都営地下鉄代々木駅A2出入口への入口があります。都営大江戸線からは、国立競技場寄りのA2出入口から建物の外に出て、左側にJRの改札があります。こちらは一度建物の外に出る必要があります。

参考HP

JR代々木駅構内図|JR東日本HP

都営地下鉄代々木駅|東京都交通局HP

羽田空港 ターミナル移動

羽田空港は国内線第1、第2と国際線の3つのターミナルがあります。各ターミナル間の移動について説明します。

ターミナル

羽田空港国内線第1、第2旅客ターミナルは、それぞれ発着する航空会社が異なります。

国内線第1旅客ターミナル : JAL, JTA, SKYMARK, STARFLYER(北九州行き)

国内線第2旅客ターミナル : ANA, AirDo, SolaseedAir, STARFLYER

国際線は、国際線ターミナルを利用します。

羽田空港を利用する際は、事前に搭乗するターミナルを確認してから行くことをお勧めします。

参考HP(羽田空港 空港マップ

ターミナル間の移動について

間違って違うターミナルに着いてしまった場合、もしくは乗り換え等でターミナル間を移動する必要がある場合、以下の移動方法があります。

国内線第1、第2旅客ターミナル間

国内線第1、第2旅客ターミナルは連絡通路でつながっています。連絡通路は地下二階にある、京急の改札横にあります。

ota-haneda-street

上の写真は、第1旅客ターミナルから第2旅客ターミナルへ向かう連絡通路です。

京急線のりばの横、赤い看板で「↑ 第2旅客ターミナル」と書かれているのが連絡通路です。連絡通路には、動く歩道があります。10分程度で第1、第2旅客ターミナル間を移動できます。

ちなみに、国内線第1、第2旅客ターミナル間は下の無料連絡バスで移動することもできますが、混雑状況等により時間がかかることもあるので、連絡通路の利用がお勧めです。

参考HP

ターミナル間の移動について / 地下連絡通路について|羽田空港国内線旅客ターミナルHP

国内線と国際線の乗り継ぎ

国内線第1、第2旅客ターミナルと国際線ターミナルへ間の移動は、無料連絡バスが便利です。

それぞれのターミナル間を4分間隔で行き来していて、移動時間も10分程度と短いですが、混雑状況等により遅れる場合もあるので、時間に余裕をもって利用した方がいいと思います。

参考HP

国内線行き連絡バス|羽田空港国際線旅客ターミナルHP

浅草 観光案内所 アクセス

浅草の観光案内所である「浅草文化観光センター」は、観光名所「雷門」の正面にあります。

浅草文化観光センターの中には、英語、中国語、韓国語に対応した案内カウンター、外貨両替、無料WiFi、無料PC、コンセントなど、旅行者にとっては非常にありがたい設備がそろっています。また、授乳室やだれでもトイレなどもあり、非常に便利な施設です。

アクセス

浅草文化観光センターは雷門の真正面にあります。東武鉄道伊勢崎線(東武スカイツリーライン)、東京メトロ銀座線、都営地下鉄浅草線の各駅からのアクセスについては下記のページを参考にして下さい。

浅草 浅草寺・雷門 アクセス | 東京案内図

展望台

センターの8階は無料の展望台になっていて、浅草や墨田川沿岸を一望できます。カフェも併設されていて、浅草の眺望を満喫できます。

展望台から東側、隅田側沿岸の眺め。東京スカイツリーとアサヒビールタワーがはっきりと見られます。

観光センター正面、浅草寺・雷門周辺の眺め。

建築

木とガラスを組み合わせた特徴的な建築は、著名な建築家である隈研吾氏の設計らしいです。個性的な外観にもかかわらずどこか和を感じさせるデザインで、浅草の街にも違和感なく溶け込んで見えます。雷門だけでなく、ぜひこちらにも注目してみてください。

参考HP

浅草文化観光センター公式HP

浅草 浅草寺・雷門 アクセス

東京の代表的な観光地である浅草の「浅草寺」「雷門」へのアクセスについて説明します。浅草には、東武鉄道伊勢崎線(東武スカイツリーライン)、東京メトロ銀座線、都営地下鉄浅草線の駅があります。各路線の駅から浅草寺・雷門へのアクセスは以下の通りです。

東武鉄道浅草駅から

東武鉄道の浅草駅は、百貨店「松屋浅草」の建物内にあります。東武浅草駅から浅草寺や雷門までは歩いて5分ほどの距離にあります。

アクセス

東武鉄道のホームの2階にあるので、1階に降りて正面口から建物の外に出ます。

建物を出てすぐ正面に下の画像の交差点があります。ここを右(神谷バーの方)に曲がります。

5分ほど歩くと右側に雷門があります。

東武浅草駅|東武鉄道公式HP

 

東京メトロ浅草駅から

東京メトロ浅草駅は吾妻橋のたもとにあり、東武鉄道浅草駅のある松屋浅草のすぐ前にあります。東京メトロ浅草駅から浅草寺・雷門までは歩いて5分ほどで着きます。

アクセス

東京メトロ浅草駅のホーム中央付近の改札を出ます。

3番出口から地上に出ます。

地上に出たら、そのまま通り沿いに50mほど歩くと、右側に雷門があります。

東京メトロ浅草駅|東京メトロ公式HP

都営地下鉄浅草駅から

都営地下鉄浅草駅は、東武鉄道浅草駅、東京メトロ浅草駅からは少し離れたところにあります。都営地下鉄浅草駅から浅草寺や雷門までは、ほかの2駅より100mほど遠くなります。

アクセス

都営地下鉄浅草駅をA3出口から出ると、江戸通り沿い郵便局の近くに出ます。

そこから江戸通りに沿って北向きに進むと、バーガーキングの横に東京メトロ浅草駅の出入り口があります。

この交差点を左に曲がって50mほど進むと、右側に雷門があります。

都営地下鉄浅草線|都営地下鉄公式HP

合羽橋 行き方

調理道具の街として有名な合羽橋は、台東区西浅草-松が谷地区にあります。街中には食器具、調理器具、食品サンプルなど、飲食店などで使われる多くの専門的な道具が扱われています。合羽橋への行き方について説明します。

アクセス

合羽橋に近い駅は、東京メトロ銀座線の田原町駅で、歩いて5分ほどの距離にあります。

田原町駅の3番出口から出ると、階段を上った反対側に、下の写真の「国際通り」と「浅草通り」の交差点があります。

この交差点を、右に進みます。5分ほど進むと下の写真のような大きなコックの像が乗った建物があります。

 

この交差点の右側が合羽橋の問屋街です。通りの両側に飲食店に関するお店が並んでいます。

参考HP

かっぱ橋道具街|東京合羽橋商店街振興組合HP